AGAは男性型脱毛症の類のものであり、抜け毛によって頭皮が薄くなる状態のこと指します。
マイナスイメージが先行しがちな問題ですが、最近は年齢に関係なく治すことができる方向性も語られています。
最近の傾向を上手く活用していくことで、チャンスと呼べるような内容がわかっていく傾向も生まれています。
AGAについての疑問点が浮かんだというならば、まずはインターネット等で慎重に調べていくような姿勢を持ち合わせていくことも大切です。
その一方で、抜け毛に関しての内容を紐解いていくことは、薄毛を改善へと向かわせる問題にも関わっていく事柄になるのです。
一筋縄ではいかないような状況が多い中で、AGAへ多角的なアプローチをしていくことも今は大切な存在になっています。
細かい内容を一つ一つ確認していくことで、抜け毛や薄毛に伴う内容にも前向きな兆しを生むきっかけを作りあげていくことも可能なのです。
出来る範囲で慎重に見ていくようにしましょう。

薬と頭皮への注射

現在、抜け毛や薄毛などAGA(男性型脱毛症)の治療には治療薬療法とハーグ療法が有効とされています。
どちらで治療をするにしてもAGA治療を専門としているクリニックで行うことが重要となります。
治療薬療法は専門の薬を服用することですが、抜け毛を抑えるにはとても有効で、そのことは専門医以外のドクターでも知られているほどです。
その為、専門医以外で処方してもらう方も中にはいます。
しかし、AGAの改善は治療薬だけを飲めば効果が現れるという簡単なものではありません。
AGAの患者さん一人一人の症状を確認しカウンセリングをして食事改善・生活改善等を同時に進行しながら行うものです。
AGA専門医では経過を確認するため、毎回撮影等を行うので、その分費用がかかります。
専門医以外で処方されたら薬代だけで済むので、ついつい専門医以外に行きたくなるものですが、間違った治療や効果の薄い治療が続けられ、取り返しのつかないことになりかねませんから必ず専門医で治療を行うようにしましょう。
薄毛などには治療薬以外にも最先端の治療法としてハーグ療法があります。
これはAGA専門医でもハーグ療法認定医でないと治療ができないものです。
ハーグ療法は、直接頭皮に成長因子とビタミンBなどの栄養を注入して発毛を促すものです。
治療薬は抜け毛を止め、ハーグ療法で発毛をすることになります。
治療薬だけではAGAの効果は6割前後ですが、ハーグ療法と併用することで9割以上の確率で改善が見られます。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930